作業者

それぞれの小売業者を比較して電力自由化のメリットを把握しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化のメリット

模型

オール電化は、家庭で使われる熱源を電気に置き換えることで利用できるお得な電気料金プランです。置き換えるものとしては、ガスと灯油でガスコンロはIHクッキングヒーター、ガスまたは灯油での給湯器はエコキュートがあります。オール電化の料金は通常の電気料金と比較しても非常に安くなりランニングコストに優れます。

More...

新エネルギーの可能性

バイオガス

新たなエネルギー開発に国や企業が躍起になっていますが、バイオガス発電は次世代を担う環境に優しい発電方法として注目されています。有機ゴミを利用しますが、悪臭もほとんど出ず、安定した電力供給が実現できます。

More...

電力供給を知り上手に利用

案内

独占市場の規制緩和

従来、独占市場とされた電力発送ですが、電力小売り事業を新規市場参入させ、各業種で競争原理を生み消費者への電気コスト削減と電気事業の効率化が目的として電力自由が実施されます。現在は発電所からの電力を送電線を介して変電所に送られ、各家庭へ配電されます。電力自由化後はその後に3次行程として小売事業者を通過させることになります。小売業者が消費者との直接接触をし、業者ごとに異なる料金プランのより契約をします。電力自由化により小売業者はメーカーである発電所から電気を仕入れて販売することになります。消費者はどの小売業者から購入するかを選ぶこととなります。電力自由化により消費者が購入先を比較し、選ぶことが可能となるため、今後は電力業界も市場原理が働き、通信事業のように業者間でのシェア獲得競争が勃発し、消費者にとってはメリットとなるでしょう。

電力小売り業者を選ぶ点

電力自由化により消費者が購入先を選べるようになりますが、小売業者として市場参入する業者は多く、通信キャリアや石油卸売業者、ガス卸売業者、商社など様々な企業が登録業者となります。どの業者も自社のメリットを掲げた料金プランで売電します。それぞれのメリットが逆に比較する時に頭を悩ます原因ともあります。どの点に注目するかは、各家庭により異なりますが、自宅でもっとも高いコストを占めることに注目してみると良いでしょう。携帯電話料金やインターネット通信費用、ガス料金、従来電気料金、燃料費等です。燃料費が多い家庭では石油卸売業者、ガス料金が多い家庭の場合ガス卸売業者、携帯電話料金が多い場合やインターネット利用料金が多い場合は各通信社リアでの契約が良いため、また同一市場での比較も大事で、比較後にキャリア変更などを検討しても良いでしょう。

光熱水費を節約する

シニア女性

平成28年4月からの電力自由化によって、消費者は自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。電力会社によって、様々な電力プランを用意していますので、納得できるものを自分で選ぶことが大切になります。

More...